安定志望なら一般企業のインフラエンジニア

IT企業で最先端の革新性のあるシステム開発に携わるのとは異なり、一般企業でIT系のエンジニアとして就職すると比較的安定した仕事を得ることができます。その担える可能性のある仕事は幅広く、独自の社内システムの開発に携わるシステムエンジニアやネットワーク環境を整えるネットワークエンジニア、自社で扱うデータに特化したデータベースの開発や解析を担うデータベースエンジニアなどがあります。

特に安定した仕事を望む場合には企業で使用している情報機器の環境構築を担うインフラエンジニアが筆頭に挙げられるでしょう。
システム開発や新たなネットワーク構築を行うのとは異なり、開発されたシステムを導入し、個々の端末でその環境構築を行うのが中心となるため激しい競争に見回せることもなく落ち着いた日々を過ごすことができます。

日常的にはそういった情報インフラの保守管理が主になり、特に忙しくなるのはトラブルが生じた場合の処理となります。
大きなトラブル対処の際には原因の特定から解決まで寝る間も惜しんで解決に望まねばならず、誰よりも忙しく働くことになりますが、日常的に起こるトラブルにはルーチン的に対応することも可能であり、エンジニアとしての職能を発揮しながらも身をすり減らしてまで働かなければならない状況は多くはないというメリットがあります。IT企業で働くような激しい競争の場を嫌うのであればインフラエンジニアは最適な仕事と言えます。

とは言っても、誰しも自分のスキルを活かして更に活躍してきたいと思うのではないでしょうか。会社員からフリーランスとして働く魅力が「フリーランス目線!ネットワークエンジニアの実情」に記載されていますので、働き方を変えたい方は参考にしてみて下さい。

Comment

コメントを残す