ネットワークエンジニアの健康について

近年のスマートフォンなどのモバイル端末の劇的な普及や、フリーWifiスポットの増加などにより、インターネットをさまざまな形で利用する人々の数はかつてと比べて増加し続けています。その中でも現在ではソーシャルネットワーキングシステムなどの発展により、インターネットに対する知識の少ない人々さえインターネットを利用するケースが増えているのです。

そのため、このようなサービスなどを運営したり、サーバーの保全作業などを日々行っているネットワークエンジニアの仕事量も同様に増加しています。近年の例では、ソーシャルネットワーキングシステムに関わるネットワークエンジニアが、負担が多くなりすぎて動作を停止したサーバーの復旧作業にかなりの時間を要したなどの例が挙げられるのです。

このように、この職業はいつどのような不測の事態が発生するかわからないために、時間外でさえも出勤して作業を行う必要がある職業なのです。それゆえに、身体の状況が悪化しているケースが多く、健康を害されているエンジニアが多いのです。また、サーバー保全作業を行うのみならず、多くの場合はコンピュータを利用して作業を行うため、視力などの低下なども発生しやすいのです。

ネットワークエンジニアが健康を維持していくためには、適切な労働監督者を配備することが最優先となります。また、労働者側もなるべく普段から有給休暇を使用し、休養の時間を積極的に増加させていくことが重要なのです。

Comment

コメントを残す